クレジットカード現金化業者と闇金や消費者金融の違いとは?

クレジットカード現金化は、闇金や消費者金融と異なりお金を直接的に借りるというやり方ではありません。
業者の指定する商品を購入して、その商品を業者が一定の割合で買い取ってくれ指定の口座に現金を振り込んでくれるという仕組みです。その後に購入した商品が送られてきた時点で、業者との関わりは終わります。
闇金や消費者金融のように、返済が終了するまで関係性が続くということがありません。
また、消費者金融との大きな違いは審査がないという点です。クレジットカードのショッピング枠に余裕があれば、誰でも利用することが可能です。
やり取りもメール上だけで行うことも可能ですので、面倒な手続きもなく気楽に利用できます。

クレジットカード現金化のほうが金利が安い

消費者金融の最大金利は、18パーセントに設定されていることがほとんどです。クレジットカード現金化はキャッシング枠を利用するのではなくショッピング枠を利用するため、ショッピングに対応する金利が適用されます。そのため金利は必然的に安くなります。

クレジットカード現金化には違法な取り立てがない

クレジットカード現金化を利用するということは、商品をショッピング枠で購入するということです。そのため返済は商品購入代金を、カードローン会社に対して行うことになります。
カードローン会社は正規のルートを経て設立されているため、自宅に押し掛けるなど違法な取り立て行為は禁止されています。そのため法律に反する違法な取り立てはありません。
しかし、滞納して督促の返済に応じないなどの悪質な行為に対しては、法的手段を採られる場合もあります。

クレジットカード現金化は闇金よりも安全

闇金は貸し金業者に登録されていない違法な業者です。
法律に従っていないため金利も法外ですし、禁止されている取り立て行為だけでなく会社に押し掛けるなどの嫌がらせ行為も普通に行ってきます。
法的な手段も通用することがなく、心身の崩壊につながってしまうことも多々あります。
クレジットカード現金化に関していえば、手続き完了後はカードローン会社とのやり取りになります。カードローン会社は法律を遵守しているため、法外な金利をつけたりすることはありません。当然、嫌がらせ行為などもありません。
闇金よりも絶対的に安心できます。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

クレジットカード現金化とは?

NO IMAGE

クレジットカード現金化業者の店舗型と店舗型のメリット・デメリット

NO IMAGE

クレジットカード現金化の違法性

NO IMAGE

クレジットカード現金化のメリットとデメリットをご紹介