クレジットカード現金化業者の店舗型と店舗型のメリット・デメリット

ショッピング枠を利用して購入した商品の買取りそこから現金を用意して貰えるクレジットカード現金化、現金化を行うには業者の手を借りる事になります。
しかし現在の現金化業者は店舗型とネット店舗型の2種類あり互いにメリット・デメリットがあります。
これから双方を紹介していこうと思いますので現金化を検討中ならどっちが自分向きかを考えてみるといいでしょう。

店舗型のクレジットカード現金化業者のメリット

まずは店舗型のメリットの紹介です。

■その場で現金化出来る
店舗には店員やスタッフ等の現金化作業に関わる人間がいるのでその場ですぐに現金化してもらえるのがメリットです。
ネットの場合手続きや振込に時間を取られてしまう事が度々あるのでその場で申し込みから現金化までしてもらえるのは店舗型の強みです。

■顔や現金化作業が見える安心感
その場で現金化し現金を用意してもらえるのもメリットですがネットと違い安心感も得られるのがメリットです。
ネットだと相手の顔も見えなければ現金化作業している光景も見れないので本当に現金化しているのかも分からないと不安視する人もいます。
実際現金化を申請し商品購入したのに現金が振り込まれていない詐欺に会ったと被害相談を警察に出したケースもありました。
ネット店舗型現金化業者の全部がそうだとは言いませんが信用性では顔が見えやすい分店舗型が有利です。

店舗型のクレジットカード現金化業者のデメリット

一見良さそうな店舗型にもデメリットはあります。

■店舗が無い
金券ショップや貴金属・ブランド品買取り店や質屋等に比べると店舗が少ないのがデメリットです。
特に地方へ進出すると一店も無いとなってしまうのは珍しくありません。
なので地方でクレジットカード現金化するなら問答無用でネット型を利用するしか選択肢が無くなります。
どうしても店頭でしたければクレジットカード現金化を諦めて上記の現金化業者を使うしかありません。

■換金率がネットに比べるとやや低め
店舗型はあったとしても換金率はネットに比べると低めの傾向にあります。
主にスタッフの人件費や店舗運営の光熱費等店を出した分コストが増えるので高換金率を出していると赤字になってしまい利益が出ません。
なのでネットに比べると店舗型は低めの換金率で設定している事も多いです。

ネット店舗型のクレジットカード現金化業者のメリット

次はネット店舗の現金化業者のメリットを紹介していきましょう。

■場所を問わずに現金化できる
ネットのメリットは日本全国何処にいても現金化してもらえるのがメリットです。
店舗型だと特定の地域の人しか利用できなくてそれ以外の人は出来ないと不公平な感じがありましたがネットの場合は地域差を気にする事無く平等に現金化出来ます。

■定休日や営業時間を気にする事無く現金化できる
店舗型だと定休日が設けられていて折角の休みの日に現金化しようにも定休日と被って出来なかった、営業時間が短くて自由時間の間に行く事が出来ない等のトラブルに見舞われてしまう事もありました。
しかしネットの場合は土日祝と世間的に休日でも深夜や早朝問わず24時間現金化を受け付けている業者が殆どですので定休日や営業時間に合わせて現金化する準備の必要が無く現金化したい時に現金化できます。

■換金率が店舗型に比べると高め
換金率も店舗型に比べると高めの傾向なのもメリットです。
店を構えていないと言う事は店舗型のデメリットに合った人件費や光熱費のコストをグッと抑える事が出来るのでその分のお金を換金率に回す事が出来る様になり高値での現金化を実現しやすくなっています。

ネット店舗型のクレジットカード現金化業者のデメリット

ネット店舗型もメリットばかりではなくデメリットも少なからず存在します。

■説明不十分な事が多い
HPを見ると最高9〇%保証、○○万円キャッシュバックキャンペーン、換金率〇%アップ等独自のキャンペーンを用意してるのはいいですがよく見ると特定の金額以上の現金化の申し込みで適用だったりそもそもキャンペーンの詳細が書かれていないと説明不十分な事が多いです。
問い合わせ先があれば現金化の前にこちらから聞く事が出来ますがそうでないなら話半分でやるか申し込みの際に一緒に聞くしかなく手間が少し増えます。

■手数料がかかる事もある
ネット店舗型の場合商品購入で現金化した際に購入商品の送料と受け取り用の銀行口座への振込手数料を理由に現金が減らされてしまう事があります。
一部の業者はHP上で無料と謳っている事もありますが基本的に書かれていないので後から手数料の存在を知る事になって受け取る現金が減らされてしまう事もあります。

■業者的に信用しにくい
クレジットカード現金化で事業をしている以上は会社概要が用意されても不思議ではありませんが一部の業者には会社名以外は会社所在地や問い合わせ用の電話番号すら書かれていない事があります。
確かに店を構えなくていいのがメリットではありますし該当するのが全部悪徳業者と言う訳ではありませんが幾らなんでも省略し過ぎて却って不安を煽ってしまうデメリットもあります。

現金化をするなら店舗型とネット店舗型のどちらがいいの?

店舗型とネット店舗型の双方のメリット・デメリットを見てきましたが結論を言うとネット店舗型の方がクレジットカード現金化に関してはオススメです。
確かに店舗型のがお店ですぐに出来るし顔も見えて安心ですがその前にお店の出店数で地域差が激しいのがとても痛いです。
それに対してネット店舗型の場合HPの説明不足や手数料の有無のデメリットもありますがそれ以上に地域差を気にする事無く24時間年中無休で現金化出来るメリットの方が遥かに大きく換金率も高めとくれば尚更です。
クレジットカード現金化に拘りが無いのであればネット店舗型で現金化した方がお得です。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

クレジットカード現金化のメリットとデメリットをご紹介

NO IMAGE

クレジットカード現金化の違法性

NO IMAGE

クレジットカード現金化業者と闇金や消費者金融の違いとは?

NO IMAGE

クレジットカード現金化とは?