クレジットカード現金化の違法性

クレジットカードを現金化とは何かといいますと、クレジットカードの枠を現金にすることをいいます。クレジットカードの会社に支払いをしないといけないのです。
そんなクレジットカードの現金化についての説明をしていきたいと思います。

クレジットカード現金化は違法に当たるのか

クレジットカードを現金化するという行為は違法行為にはならないのですが、利用するには危険です。違法まではいかなくても一時的に現金を手に入れることができても、ただ借金が増えるだけだし、悪質な業者だと詐欺に合う可能性もあったりします。
また、クレジットカードの現金化は違法には当たらないのですが、クレジットカード会社の規約では禁止されています。
クレジットカード現金化することにより、危ない犯罪に巻きこまれたり、悪用されたり、詐欺にあったりする事もあるので、なるべくは利用を避けるようにした方が良いです。

クレジットカー現金化を利用した場合は罪に問われるのか

クレジットカード現金化を利用していても、利用している人が逮捕されるということはありません。しかし、摘発された現金の業者はいたりします。また、使い方によっては犯罪になり罪に問われることもあります。どういった場合に罪に問われるのかといいますと、クレジットカードを現金化しても、お金の返済をしないまま何回も現金化を行なったり、カードで購入をした商品などを転売して現金化したり、他人のカードを現金化したりした場合には罪になってしまいます。
クレジットカードを現金化するという行為は罪にはなりませんが、正しい使い方をしないと罪に問われてしまう可能性はあるのです。

クレジットカード現金化業者で合法と謡っているところは危ない

クレジットカード現金化を利用する場合はただたんに適当に選ぶのではなくて、きちんと正しい情報を得てから、悪質な詐欺や、犯罪に巻きこまれないように見分けないといけません。
良い条件ばかり揃えていたり、還元率の高さを魅了的なように見せかけておきながら、手数料を高くとったりする業者などもたくさんあります。
あまりに合法な条件ばかり揃っている業者はまずは疑ってそこの業者が本当に信用することができるか、または利用しても大丈夫かというのをきちんと判断できるようにしないといけません。正しいクレジットカードの使い方をしないとカードが利用停止になってしまいます。クレジットカードが使えなくと、家庭がある方は、支払いをするのが大変になってしまったり、家計が苦しくなってしまったりします。
クレジットカードを現金化するということは、それなりにリスクを伴う事を忘れてはいけません。
利用をしたら必ずきちんと日にちを守ってお金の返済をしたりして正しい使い方をするようにします。

クレジットカード現金化は規則違反になる理由について

クレジットカード現金化が規約違法になる理由は、クレジットカードにはショッピングと、キャッシングの二種類に分かれているのですが、クレジットカードの現金化は、ショッピング枠をお金に変えることになります。買い物に利用すること以外は、クレジットカードのキャッシングの枠でお金を借りることができるようになっています。
ショッピング枠を使って商品を購入して現金を手にするということはキャッシングの上限より多くの借入をするのと変わらなくなってしまいます。会社が収入から算出した安全圏を超えてしまうので現金化したお金を返済できなくなる可能性もあります。
そのため、返済できなくなると会社も困るので、カード会社はクレジットカードのショッピング枠を現金化するということは、規約違反になるのです。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

クレジットカード現金化のメリットとデメリットをご紹介

NO IMAGE

クレジットカード現金化業者の店舗型と店舗型のメリット・デメリット

NO IMAGE

クレジットカード現金化とは?

NO IMAGE

クレジットカード現金化業者と闇金や消費者金融の違いとは?